スピードラーニング

スピードラーニングってご存じですか?

あちらこちらで宣伝しているので、名前を聞いたことある方も多いと思います。
私の書いているブログで練習(勉強ではないのであえてこう書きます)されている方で、教材探しをされているのであれば、これもお薦めできるうちの一つとなります。

英語と日本語が交互に流れるので、辞書を使う必要は無いです。
ただ、使い方は気を付けて下さいね。
英語の「音を拾う」方法を守ること。
日本語が流れるので、どうしてもそちらに気がいってしまいますが、集中するのは「音」を拾うことと「覚える」ことです。

なんだかわからないけど覚える。意味は日本語で言われていることらしい・・・というような感じになります。

日本語の時は、できるだけ情景を思い浮かべると良いと思います。
#つまり、できるだけビジュアル的に押さえると言うこと。



posted by minoru at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。