助動詞は発生確率です

助動詞は発生確率です。
一番強いのがWill、一番弱いのがCould
Willは必ず「そうなる(そうする)」、Couldは「そうなるかもね〜」くらいな感じです。

May 許可
Can 可能性
と考えますが、これも起こる可能性という観点で考えて良いと思います。

口語的には
May I have .....
Can I have ... (どちらも 「...ください」)
どっちも使いますね。
canの方が軽いかな?

Shouldは日本語では「すべき」とか訳されますが、もう少し軽いです。

Where should I go in Tokyo?
アシスタントの子が日本に出張するときのセリフでした。
これ、日本語に訳すと
「東京では、どこ行ったらいい?(どこがおすすめ?)」
という感じになります。

Oh, I must go.
これも会社でよく聞く言葉。
「あ、行かなきゃ。」
おしゃべりしてて遅くなった、あ、そろそろ行かないと・・・
という感じです。










posted by minoru at 01:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
はじめまして(^-^)

なるほどって感じです。。。
英語の講師をはじめたばかりなんですけど、参考にさせていただきます(^-^)
ブログも見やすい感じで統一されてますし、応援してますから負けずにがんばって下さい♪
これからちょくちょく足運ばせてもらいます(^-^)
私のほうは留学生の体験談をいろいろと紹介してます♪
よかったらご覧になってみて下さい。
ではでは。
Posted by ひろびろ at 2008年03月16日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。